スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マニュアルサイティング

 前回すみませんとか謝っておきながらそれ以上に更新が空いてしまうというダメッぷり。どうもすみません。ミナオです。

 さてここ最近もずっとAC4やACfAはやっていて、それなりに考えたことや感じたことはあったのですが、どれもいまいち煮え切らないというか詰め切れないことばかりで書くのを躊躇っていたのです。
 数少ないはっきりしたことのうちひとつは、「ロック速度150のFCSでハイレザを使って軽二を迎撃するのはもう無理だろう」ということです。というか、実を言うとハイレザ(カノプーとベクル)を使って軽二を迎撃すること自体に限界を感じ始めていて、その中でもとくにロック速度150ではもうダメだろう、と確信するに至りました。正直言ってロックタイムの0.666秒を軽二相手に確保するのは現在の僕の技術では不可能に近いです。ヒルベルト腕を使ってみたりもしたのですがやっぱりロック速度が遅くては近距離で迎撃にハイレザを使うことはできませんでした。というわけでいろいろいじってきたフレームとFCSですが、いったん長距離FCSの活用をあきらめ、頭は047で落ち着けることにしました。047頭だとAPが低めになって重二らしくないな、とか悩んではいたんですがこの際しょうがないですね。

 で、本題はマニュアルサイティングの効用についてです。自分は今4はフルマニュで、fAはオートマニュ併用でプレイしているのですが、マニュアルサイティングをやるようになってから少し自分のサイティング技術が変わったような気がしました。変化点を挙げると、
・再捕捉が速くなった
・相手の動きをよく見るようになった
・相手の動きを予測するようになった
・自機の旋回の限界を意識するようになった
・手動カーソル合わせの感覚がすこしわかるようになった
・なんとなく自分で機体を動かしている実感が湧くようになった
 こんな感じです。
 fAはオートが強いのでマニュアルでやっても意味無いなんてのはよく言われることですが、自分はそうは思いません。すくなくとも意識の面で改善される部分は大いにあるので一回苦労してでもマニュアルに挑戦してみる価値は十分あると思います。
 だいたいオートに機体の動きを制限されるというか、サイティングのみならず機動までも自動化されてしまうのが以前から嫌だったんですよね。そういう気構えの面でも、また実際のプレイングの面でも完全にオート任せにしてしまうのと、いざというとき自分でサイティングできるのとでは大きく違ってくるはずです。僕の中ではマニュアルにしてみて初めて、自分がどういうゲームをやっているのかわかった、とまあ、大げさに言えばこれくらいの感慨がありました。
 自機のすべてを手中に収めるマニュアル、お勧めです。皆さんも一度はどうぞ。
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミナオ

Author:ミナオ
PS3ID:fx370
フレンド登録やコメントはお気軽にどうぞ
Twitter: みなお たけし@fx370

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
あくせすかうんた
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。