FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近接適性とロック速度

昨日は重二に背武器ハイレザのシリウスを載せてみたわけですが、これが当たらないのなんのって。
多分確実に当てようとするあまり敵を引きつけすぎて近接適性が追いつかない距離で撃ってしまっているんだと思います。でもこれが同カテゴリの少佐砲だと同じ距離で狙って撃ってもきちんと当たってくれるんですよね。
確かに少佐砲のほうが数値上近接適正高いんですけど、それにしても体感上では違いすぎでした。

まあ、それもそのはず。
「ラインの乙女」で有名なE教授氏(ブログ名「幼女だいすき2」)の調査によると近接適性って実はダミーパラメータらしいんです。
だからシリウスと少佐砲の間にも実際には数値よりも大きな開きがあるんじゃないかなーと思ってます。

ところで対軽二の接近戦をすこしでも有利にするためにロック速度をチューンで上げてみました。
もしACwikiの記述「二次ロックタイム=100÷ロック速度」というのが正しいなら、
FCSラウラでロック速度200調整の場合、二次ロックタイムは0.5秒
同フルチューンでロック速度260の場合、二次ロックタイムは約0.384秒
これって結構な違いだと思うんですよ。

少なくともロック速度150の061FCS(二次ロックタイム0.666)とロック速度200のラウラでは、明らかに体感できる違いが現れました。
だから正直なところ061FCSはもうあんまり使いたくないです。
でもそうすると熱源ロック距離が短くなって地形戦がやりづらくなるのでこれも難しいところ。

本当はロック速度や近接適性の不足を立ち回りで補えるだけの技量があればそれが一番いいんですけどね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミナオ

Author:ミナオ
PS3ID:fx370
フレンド登録やコメントはお気軽にどうぞ
Twitter: みなお たけし@fx370

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
あくせすかうんた
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。