スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3歩進んで2歩下がる

 前回の記事で書いていた「中ペンを深く握るとバックのショートやブロックがやりにくい」問題に関してですが、一定の解答が得られました。

・できるだけ手首を柔らかくしてラケットの面の角度を作りやすくする
・高いボールに対しては裏面で対応する

というのは当然として、大事なのは

・打球点を早く(低く)することで返球を低く抑える
・サイドスピンブロックを駆使することで相手の上回転に対応する

この二つだと思いました。これらを駆使することで、下向きの面が作りにくい中ペンにおいても表面バック側の技術を有効に使っていくことが可能だと思います。


それはそうとして表ソフトでのドライブがやっぱ安定しねーーーーー!
というかドライブと角度打ち(ミート打ち)の境目がわからねーーーー!
なんかドライブと同じようなスイングでインパクトだけミートうちっぽくしたらものすごいいい球が飛んでいくんだけども。
ひょっとしてこれが表ソフトの本領なのか……。
わからない……。
どうせ表ソフトのドライブなんて大して威力出ないし……、できるだけ角度打ちできる打球点の高さを探って、それ以下の場合だけドライブでつなぐという形にしたほうがいいのだろうか。
表ソフト難しい……。
スポンサーサイト

すこし成長

 ようやくフォア面表ソフトでのドライブがある程度安定するようになりました。
 特に台ギリギリに低いツッツキが来たときのドライブが難しくて、卓球王国(雑誌)の表ソフト特集やバタフライ公式サイトの戦型別レッスンとかを参考にいろいろ練習してみたんですが、結局自分で一番大事だと思ったのはスイングをコンパクトに、速くすることだと思いました。
 あとはなんとなく相手コートの深いところを狙うよりは浅いところを狙うイメージで打ったほうが安定する気がします。

 そして新たな問題が一つ。
 中国式ペン(中ペン)はグリップを出来る限り深く握ったほうがフォア面と裏面打法が安定するんですが、そうすると握りを変える必要がある普通のショートやブロックがほぼ出来なくなってしまうんですね。なんとかして表面バック技術と裏面バック技術およびフォアの安定性を両立したいと思うんですが難しそうです。ラケットをもう少し削ってみる必要もありそう。

 と、いうことでそのショートと裏面打法を完璧に使い分けている例をひとつ。


先日も紹介した馬琳選手の別の動画です。この試合に限ったことではありませんが馬琳選手はバックのショートと裏面打法を絶妙に使い分けます。どんなグリップをしているのか気になりますね。


 あ、あと僕がフォア面に使っているVICTASのVO>102は、台形粒に横目の割と普通の回転重視表ソフトといった感じです。サーブもある程度は切れます。シートの感じは昔使ったスピンピップスによく似ているような気がします。もちろんテンションラバーであるぶんVO>102のほうがよっぽど跳ねますけどね。
 といってもまあ僕その二つしか表ソフト使ったことないんでよくわからないんですけど。

|・ω・`)ソォーッ…

や、やあこんにちは。だれも覚えてないかもしれないけど当ブログ管理人のミナオだよ。

あまりに久しぶりすぎて自分のブログに書き込むのにも躊躇する始末さ。ハハッ。

でも今日あたり新記事作っとかないと、一ヶ月更新空いたらでてくるあのでっかい広告がでちゃうからさ。そしたらなんかもういかにも既に死んだブログみたいになっちゃうじゃん? だから何か更新しないとと思って。

 とはいえ相変わらずPS3はできない環境にあるのでACVについて語ることはなんにもないんだよね。なんかもれ聞こえてくる情報を聞く限りではまだ領地戦も盛況みたいだし、1対1のデュエルをやってる人もぼちぼちいるみたいなのでこのまま多くの人がACVを楽しんでいる状況が続けば良いなあとまるで他人事のように思っております。グッドラック。
 正直個人的にはVよりか4をやりたいんですがPS3できないのでどっちにしても一緒ですね。参った参った。


 じゃあこのところ何をしてたのかというと卓球してました。
 実は中学時代にちょっと部活でやってまして、昔取った杵柄という形で最近また卓球をやり始めたのです。ラケットも新調してしまいました。ぐへへ。
 これが機会だと思って中学時代とは戦型も変え、今は中ペン表裏で前陣速攻を張ってます。
 使ってる用具は
 ラケット:ヤサカエキストラ中国式
 F面ラバー:VICTAS VO>102 MAX
 B面ラバー:ヤサカ ラクザ7soft 厚
 という組み合わせです。ラケットがあまり跳ねないラケットなのでコントロールはつけやすいんですがどうもスマッシュの速度に不満が残りそうな気がします。技術的には僕にとって全く新しい技術である表ソフトでのドライブとペン裏面でのドライブを身に着けるのが第一の課題ですね。

 さてとかなんとか書いても卓球を知らない人にはなんのことやらちんぷんかんぷんだと思うので動画を一つ張ってみようと思います。

ベルギーのセイブ選手と中国の馬琳選手の面白試合です。青ユニフォームの馬琳選手のプレイスタイルが比較的僕が目指しているものに近いです。
 まあ地味に思われがちな卓球ですが結構面白いスポーツですよ、ということを伝えたかった。
 特に自分の技術と用具のポテンシャルの総合力で勝負するという意味ではアーマードコアみたいなゲームにも結構近いスポーツです。無茶苦茶言ってると思うかもしれませんがまじです。

 あとあれですね。もし卓球に興味がなくても松本大洋の「ピンポン」という漫画だけは読んでおくべきだと思います。抜群に面白いです。
 
 そういえば世界卓球2012も3月25日から始まりますよー。

 そんな感じの近況でした。当面このブログは卓球とPS2ゲームとアニメとあとMtGとかの話が中心になると思われます。ご興味の方は覗いてやってください。それじゃ。


プロフィール

ミナオ

Author:ミナオ
PS3ID:fx370
フレンド登録やコメントはお気軽にどうぞ
Twitter: みなお たけし@fx370

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
あくせすかうんた
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。