スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マニュアルサイティング

 前回すみませんとか謝っておきながらそれ以上に更新が空いてしまうというダメッぷり。どうもすみません。ミナオです。

 さてここ最近もずっとAC4やACfAはやっていて、それなりに考えたことや感じたことはあったのですが、どれもいまいち煮え切らないというか詰め切れないことばかりで書くのを躊躇っていたのです。
 数少ないはっきりしたことのうちひとつは、「ロック速度150のFCSでハイレザを使って軽二を迎撃するのはもう無理だろう」ということです。というか、実を言うとハイレザ(カノプーとベクル)を使って軽二を迎撃すること自体に限界を感じ始めていて、その中でもとくにロック速度150ではもうダメだろう、と確信するに至りました。正直言ってロックタイムの0.666秒を軽二相手に確保するのは現在の僕の技術では不可能に近いです。ヒルベルト腕を使ってみたりもしたのですがやっぱりロック速度が遅くては近距離で迎撃にハイレザを使うことはできませんでした。というわけでいろいろいじってきたフレームとFCSですが、いったん長距離FCSの活用をあきらめ、頭は047で落ち着けることにしました。047頭だとAPが低めになって重二らしくないな、とか悩んではいたんですがこの際しょうがないですね。

 で、本題はマニュアルサイティングの効用についてです。自分は今4はフルマニュで、fAはオートマニュ併用でプレイしているのですが、マニュアルサイティングをやるようになってから少し自分のサイティング技術が変わったような気がしました。変化点を挙げると、
・再捕捉が速くなった
・相手の動きをよく見るようになった
・相手の動きを予測するようになった
・自機の旋回の限界を意識するようになった
・手動カーソル合わせの感覚がすこしわかるようになった
・なんとなく自分で機体を動かしている実感が湧くようになった
 こんな感じです。
 fAはオートが強いのでマニュアルでやっても意味無いなんてのはよく言われることですが、自分はそうは思いません。すくなくとも意識の面で改善される部分は大いにあるので一回苦労してでもマニュアルに挑戦してみる価値は十分あると思います。
 だいたいオートに機体の動きを制限されるというか、サイティングのみならず機動までも自動化されてしまうのが以前から嫌だったんですよね。そういう気構えの面でも、また実際のプレイングの面でも完全にオート任せにしてしまうのと、いざというとき自分でサイティングできるのとでは大きく違ってくるはずです。僕の中ではマニュアルにしてみて初めて、自分がどういうゲームをやっているのかわかった、とまあ、大げさに言えばこれくらいの感慨がありました。
 自機のすべてを手中に収めるマニュアル、お勧めです。皆さんも一度はどうぞ。
 
スポンサーサイト

技術向上用ガチ怠慢観戦第5回

 若干更新が空きました。すみません。

 一昨日はNKさん主催の技術向上用ガチ怠慢観戦の第五回目でした。私は前回と同様別室のホストを勤めさせていただきました。
 今回は比較的新規の参加者の方が多く、ホストとしては仕事量が増えて大変だったとはいえ、嬉しいかぎりです。別室に参加してくださった皆さん、本当にありがとうございました。
 その中で目立った特徴は、比較的重量側の参加者が少なく、軽中側の参加者が多かったということです。
 確かに、重量級は旋回性能や回避能力に劣るため、ともすれば一方的に敗北してしまうという危険性を孕んでいます。それゆえにとっつきにくい、扱いにくい脚部というのも事実でしょう。しかし、それを補う動きができれば迎撃側であるという最大の利点を活かすこともできます。みなさんにもいろんな重量級アセンを試してその楽しさを知っていただきたいというのが私の正直な思いです。
 なんといっても軽量級が輝くのは対重量戦においてであり、重量級が輝くのもまた対軽量戦においてだというのが私の持論でもありますからね。それらのバランスがとれたときfAはもっともっと楽しくなるのではないでしょうか。
 
 そのためにも僭越ながら重量級の基本的な動きのようなものを解説した動画や考察記事なんかをある程度まとまった形で、重量級初心者の皆さんに向けてお届けしたいな~なんて考えています。そのうちね、あくまでそのうち、私にそれだけの実力が備わったと実感できた場合の話ですけども。

 と、いうわけで今後もこの中途半端な重二使いのブログをよろしくお願いします。

ARMORED CORE 4 対戦wiki

http://www45.atwiki.jp/armoredcore4/

 こんなサイトを見つけました。
 AC4の対戦のいろはについて書いてあるwikiです。
 実際にどなたが執筆されているのかは存じ上げませんが、4系の対戦をする上で欠くべからざることが多く書かれています。
 これからAC4を始める方も、fAでさらなる技術向上を目指す方も必見だと思います。
 wikiだからおそらくリンクフリーだろうと考え、勝手ながらこのブログのリンクに追加させていただきました。
 僕もいま仔細漏らさぬように勉強中です。

アーマードコア4でいなしの練習

 ここ何日かfAではなく4を多めにやっていました。
 なぜかというとfAでの自分の技術向上に「踊り場」のようなものを感じていたからです。相変わらず近距離サテライに対しては勝率がわるかったりとか、交差後の距離稼ぎがあまりうまくならなかったりとか、そのへんの問題があって、実は自分でどう動くべきかわかってないんじゃないかと考えました。そこでフレンドの「アスピナーザンの使者ヴァイズ」あらため「白濁のヴァイズ」の協力を得て4での基本的な動きを学んでいたというわけです。
 
 とはいっても僕はL3押し込みを押すつもりがなくても押してしまうという悪癖(というか力加減のできなさ)のせいで4ではオートサイティングがつかえません。で、せっかくの機会だからとマニュアルで一からやっています。はじめはにっちもさっちも行きませんでしたが、エグゼさんのブログに乗っていたハンドガンでローディー撃破という練習を繰り返すうちにすこしはサイティングできるようになりました。ちなみに、撃破自体はちょいちょいできるものの、ノーダメというのはまだ遥か先のことになりそうです。

 ヴァイズさんの協力を得てやっていた練習は「引き」と「いなし」です。こちらが通常ライフル2丁で引き、それを突撃ライフルで追いかけてもらう。きちんと引ければ勝つはずなのですが、いまのところ100%負けています。
 原因は引く際のエネルギー管理の悪さと、そのエネルギーを使って行ういなしのまずさにあります。後退より前進が速く、しかも相手のほうが軽量である以上どんなに引いてもいずれはおいつかれて、近接火力でやられてしまうのだから、そのまえに相手をいなさなければならない。しかしタイミングや距離が悪いといなしがいなしにならない。その上、いなしのためのエネルギーも温存しておかなければならない。そのへんのことがまだうまくできていません。
 特に、相手の交差に対するいなしはなんとかこなせるものの、相手の横移動にたいするいなしが致命的に下手で、旋回差を利用した横の動きに良いようにやられてしまっている現状です。ここをなんとかしないと引いて勝つことは不可能でしょうし、当初の目標であった4で重量級を扱うことなどできっこないでしょう。
 しかし、この「横いなし」はおそらくfAでも通用する動きのはずです。これを身につければ、fAでもうまく距離を稼いで軽二をひっぺがす動きができるはず! そう考えて頑張っています。

 というわけで変態でペドの見境なしぶっかけ野郎「白濁のヴァイズ」にはもうすこし練習にお付き合いいただきます。どうぞよろしく。

射撃判断

 単発武器を構えている状況では常に以下の4つのなかから行動を選択することになります。

①今撃ったら当たりそうだ。撃とう
②当たるかわからないけど、リロード的に次のチャンスに支障が出ないと予測されるから、撃っておこう。
③当たるかわからないし、リロード的に次のチャンスに支障が出るだろうから、撃たないでおこう。
④今撃っても当たらない。撃たない。

 ①と④の判断はある意味で単純ですが、②と③の判断はより複雑になります。②と③の判断を適切になすためにはリロード時間を完全に把握した上で、相手の動きを予測し、自分との相対位置を予測し、かつ組み合わせる武器との兼ね合いも考慮しなければなりません。特に、相手が今どういう意図で行動しているかを予測することは非常に重要です。攻め気なのか、様子見なのか、E回復する隙を狙っているのかetc...。
 さらに、自分の動きでチャンスをつくることができるならその前の段階では③の判断をすることが増えるでしょう。
 結局ラグになかされることも多い単発武器ですが、人間の身にできることはちゃんとやっておこうと思うのでした。

今日の出来事

・メガネ踏み抜いて壊したorz
・コントローラーのバネを安全ピンで代用したらいい感じ
・Monster X2の導入に成功! 遅延もすくなく分配器なしで録画対戦できそう
・ハーフパンツを買ったのに一休みしたベンチのところに置き忘れてきたorz
・新しいめがね買った。エヴァンゲリオンモデルのやつにしようかと思ったけど、似合わなすぎてやめた。なんでメガネというものの大半はうっすーい顔のやつに似合うようにつくられているのか。セルフレームのやつとか俺が着けたらくどくてかなわん。



だいたいこんな感じ
よかったり悪かったりの一日でした。

技術向上用ガチ怠慢観戦第4回

 昨晩はNKさん主催の技術向上用ガチ怠慢観戦第4回でした。
 僕は別室のホストを勤めさせていただきました。
 今回は別室のほうを先にたてるというNKさんの作戦もあって順調に人があつまり、見事別室も2時半近くまで運営することができました。
 別室に来てくださった参加者の皆さん、本当に本当にありがとうございました。
 初めてのホスト運営で至らない点もあったかと思いますが、どうかご容赦を。

 
 さて、対戦内容ですが僕自身は買ったばかりのコントローラーのトリガーのバネが折れるというトラブルもあり、結果、内容ともにさんざんなものでした。ちょっと書くべきことが見つからないくらいお話にならない感じです。強いて言えばAshraさんのAPをわりと減らせたことが唯一の収穫かなと。
 しかし他の参加者の皆さんの対戦がすばらしかった!
 特に重量側の迎撃の的確さが際立っていたように思います。
 ホストとして観戦しながら、みなさんの実力を目の当たりにして、身の引き締まる思いでした。
 ミサイル対処、補足、距離稼ぎ、攻撃タイミング。どれをとっても真似したい技術ばかりで瞠目して見させていただきました。
 こういう高い技術の応酬が見れたことはホストとして何よりの喜びです。
 次の機会には自分もその中に入れるよう、一層精進するつもりです。

 それではみなさん。本当にありがとうございました!
 

DUALSHOCK3レビュー

DUALSHOCK3はSIXAXISと比べて、

・質感がいい。滑りにくい
・トリガーの感知幅が広い
・L3、R3の押し込み判定が甘い。押すつもりがなくても押してしまう

という違いがありました。
よってACfaでは二段や連弾がやりやすくなった一方で、通常Bの管理が難しくなったという欠点もありました。
これに慣れるには少し時間がかかりそうです。

しかもスティックの押し込み判定が甘いので、AC4のオート切り替えを安定して行うのは難しそうです。
これはもうほかのボタンに割り当てるか、いっそフルマニュを目指すしかないのか……。

イィ--!

以前からいろいろガタが来ていた旧コントローラーにいい加減嫌気が差して、アマゾンでぽちってしまいました。DUALSHOCK3。お急ぎ便で頼んだので明日の怠慢感染には間に合うはず。

初めてPS3を買ってから約3年。これで私もついにDUALSHOCKERの仲間入りか。

また考えなおし

 昨晩はとりみだしてすみません。
 今見返すと相当キモいなこれ。
 いやでも忘れかけていた感情を思い出すのはいいことですよ。DVD/BDの智花ちゃんジャケットイラストを見たとたんですね、僕の中にあの初恋のころの甘酸っぱい感情やら女の子に憧れる気持ちやら、故なき安堵感やら、いろいろなものが去来したわけですよ。
 まるで回春したような心地でした。え? 買春ちゃうわ!

 ともかく、昨日もfaはやりました。
 でもなんかヴァイズさんに本格的に勝てなくなってきてる感じです。
 向こうの距離維持が上手くなったのでこちらは砂砲はもちろん唐沢も当てられなくなってきました。今以上に距離をとるにはどうすればいいかいろいろ考え中です。軽量機のリズムをくずすには予想外の動きが必要だとかいろんな話をしました。また動きを考えなおさないとですね。
プロフィール

ミナオ

Author:ミナオ
PS3ID:fx370
フレンド登録やコメントはお気軽にどうぞ
Twitter: みなお たけし@fx370

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
あくせすかうんた
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。