スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3歩進んで2歩下がる

 前回の記事で書いていた「中ペンを深く握るとバックのショートやブロックがやりにくい」問題に関してですが、一定の解答が得られました。

・できるだけ手首を柔らかくしてラケットの面の角度を作りやすくする
・高いボールに対しては裏面で対応する

というのは当然として、大事なのは

・打球点を早く(低く)することで返球を低く抑える
・サイドスピンブロックを駆使することで相手の上回転に対応する

この二つだと思いました。これらを駆使することで、下向きの面が作りにくい中ペンにおいても表面バック側の技術を有効に使っていくことが可能だと思います。


それはそうとして表ソフトでのドライブがやっぱ安定しねーーーーー!
というかドライブと角度打ち(ミート打ち)の境目がわからねーーーー!
なんかドライブと同じようなスイングでインパクトだけミートうちっぽくしたらものすごいいい球が飛んでいくんだけども。
ひょっとしてこれが表ソフトの本領なのか……。
わからない……。
どうせ表ソフトのドライブなんて大して威力出ないし……、できるだけ角度打ちできる打球点の高さを探って、それ以下の場合だけドライブでつなぐという形にしたほうがいいのだろうか。
表ソフト難しい……。
スポンサーサイト

すこし成長

 ようやくフォア面表ソフトでのドライブがある程度安定するようになりました。
 特に台ギリギリに低いツッツキが来たときのドライブが難しくて、卓球王国(雑誌)の表ソフト特集やバタフライ公式サイトの戦型別レッスンとかを参考にいろいろ練習してみたんですが、結局自分で一番大事だと思ったのはスイングをコンパクトに、速くすることだと思いました。
 あとはなんとなく相手コートの深いところを狙うよりは浅いところを狙うイメージで打ったほうが安定する気がします。

 そして新たな問題が一つ。
 中国式ペン(中ペン)はグリップを出来る限り深く握ったほうがフォア面と裏面打法が安定するんですが、そうすると握りを変える必要がある普通のショートやブロックがほぼ出来なくなってしまうんですね。なんとかして表面バック技術と裏面バック技術およびフォアの安定性を両立したいと思うんですが難しそうです。ラケットをもう少し削ってみる必要もありそう。

 と、いうことでそのショートと裏面打法を完璧に使い分けている例をひとつ。


先日も紹介した馬琳選手の別の動画です。この試合に限ったことではありませんが馬琳選手はバックのショートと裏面打法を絶妙に使い分けます。どんなグリップをしているのか気になりますね。


 あ、あと僕がフォア面に使っているVICTASのVO>102は、台形粒に横目の割と普通の回転重視表ソフトといった感じです。サーブもある程度は切れます。シートの感じは昔使ったスピンピップスによく似ているような気がします。もちろんテンションラバーであるぶんVO>102のほうがよっぽど跳ねますけどね。
 といってもまあ僕その二つしか表ソフト使ったことないんでよくわからないんですけど。
プロフィール

ミナオ

Author:ミナオ
PS3ID:fx370
フレンド登録やコメントはお気軽にどうぞ
Twitter: みなお たけし@fx370

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
あくせすかうんた
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。